ようこそ

ゴールデンアカデミーへ


ゴールデンアカデミー」は、シルバーより一層輝くゴールデンの名して、企業OB

優れたシニアー人材に、その高度な知とノウハウを次世代に継承していただく

ことを目的として2004年に設され,ました、 

ゴールデンアカデミー」は、設立以来一貫して、この目的を果たすための社会貢

を展開して参りました。現在の主な活動内容は次の通りです。


・ 中小企業・ベンチャー支援、経営サポート、コンサルティング

・ 地域の活性化、コミュニティ活動・まちづくり支援

・ シニアー世代の生きがいづくり、ライフサポート

                            

                                          理事長 山下 幸三

最新のトピックス

 地球環境に貢献する「太陽光集光発電機」と「亜臨界水による資源再生装置」についての報告

2017年6月20日 NPO法人ゴールデンアカデミーにおいて、理事である石井氏より、新たに開発された地球温暖化対策として、地球環境に貢献する「太陽光集光発電機」と「亜臨界水による資源再生装置」について報告があった。

「太陽光集光発電機」は、従来の太陽光発電機に比べて高い変換効率を有し、太陽を追尾しながら安定的に発電する仕組みの発電機で、電動自転車、病院、島嶼等における電力供給源として、有用な製品であるとの報告があった。

「亜臨界水による資源再生装置」(Mリサイクルマシーン)は、既に海外を含め事業化が始まっている装置であるが、高温・高圧の水蒸気を使い有機廃棄物を分解し安全・無害な飼料・肥料にする画期的な装置で、コスト的にも従来の廃棄物処理に比べて1/3〜1/5で済むとの説明があった。また、極めて広い範囲の有機廃棄物が資源として再生できることも特筆すべき機能であるとし、当法人での説明を機に、各方面にも紹介していきたいと語った。

また、特許取得元の事業者からも販路や事業資金の確保等について、コンサルを得たい旨の要請があったことも報告された。

□ 「歴史探索をしながら人類の未来を考える」講演を開催

2017年1月17日(火)、ゴールデンアカデミーで、「ヘルスアップ サロン荻窪」社長の風当 一朗氏が「歴史探索をしながら人類の未来を考える」と題する講演を行いました。

江戸末期から近代まで、当時の地図、絵画、写真など貴重な資料を基に講演が行われました。同氏は江戸文化に造詣が深く、現在では最早見ることが出来ない風景や文化について、エピソード等を交えて詳細な解説がなされ、さらに歴史探索から見える人類の未来についても考察があり、非常に興味深いものでした。質疑や懇談を含め講演は2時間以上に及び、再度の開催を望む声が多く聞かれました。

 

風当氏は、「ヘルスアップ サロン荻窪」を運営する傍ら「史跡散策グループ・歴史ウォークの会」事務局としても活動され、その他幅広い社会貢献活動をされておられます。

 

講演会資料「歴史探索をしながら人類の未来を考える」は

こちらから presfuto20170117.pdf

 

「ヘルスアップ サロン荻窪」のサイトは、こちらから javascript:mctmp(0);   


□ 「原節子とその映画」と題する講演を行いました

11月15日(火)、ゴールデンアカデミーにおいて、会員の古畑仁一氏が「原節子とその映画」と題する講演を行いました。

戦前から戦中、戦後にかけての激動の昭和期の時代背景に沿って、原節子の生い立ちから、小津安二郎との出会い、全盛期そして敗戦後へとその映像の変遷は圧巻でした。特に、大戦中のドイツとの合作映画「わが青春に悔いなし」などの映像は感動的でした。,著作権に係る部分があり講演での映像資料などはここで引用・クリックできないのは残念ですが、原節子フアンの会員の皆様に喜んでいただきました。

□ 「長生きする日本の統治・日本の中小企業の卓越性と企業統治

  モデル」の講演がありました

2016年10月18日(火)、ゴールデンアカデミーで、会員・理事の山下 幸三が「長生きする日本の統治・日本の中小企業の卓越性と企業統治モデル」と題する講演を行いました。

講演では、調査データから、日本は世界で最も長寿企業が多い国であり、今日の企業統治のコンセプトがわが国ではすでに江戸期からそれぞれに家業が考え実践して来たものであることを示し、なぜ日本に長寿企業が多いのか、さらに、長寿企業が重視する経営要素、長寿企業から見えてくる統治モデル、日本型長寿企業モデルの評価などの考察があった。講演内容は nihonnochojyukigyo.pdf

□ パプアニューギニアプロジェクトの活動報告

2016年9月20日(火)、ゴールデンアカデミーで、会員・理事の石井 攻氏からパプアニューギニアプロジェクトの活動報告がありました。

このプロジェクトは、パプアニューギニア・オロ州における農業および水産業への技術提供、鉱物資源開発などの事業活動を支援し、同国の産業発展に貢献することを目的にしています。

現在、プロジェクト立ち上げに向けて、現地訪問の準備を鋭意進めている状況です。現地訪問後、具体的なプロジェクト活動を開始する予定です。

□ ゴールデンアカデミーでITとセキュリティの動向について講演を行い

  ました

2016年7月19日(火)ゴールデンアカデミーで、会員・理事の山下 幸三が ITとセキュリティの動向について講演を行いました。ITは、1960年後半より今日にいたるまでの半世紀の間に大きく進歩しました。ITは、今や社会生活のあらゆるところで役に立つ必要不可欠なツールとなっていますが、また、悪意ある人間やテロに使われるきわめて危険なツールでもあります。講演では、1960年から今日にいたるITの変遷とセキュリティの動向につぃて解説と問題提起がありました。講演資料は、こちらから presen20160719ky.pdf ダウンロードしてください。

□ ゴールデンアカデミーで核兵器禁止活動に関する講演を開催し

   ました

2016年5月17日(火)ゴールデンアカデミーにおいて、会員・理事である大槻 邁氏核兵器禁止活動に関する世界の動向について講演を行いました。

まさに時を同じくして、バラク・オバマ米国大統領は、5月27日、安倍首相とに原子爆弾が初めて投下された広島を訪問され、「核兵器のない世界」に向けスピーチを行いましたが、大槻氏のお話は、核兵器の恐ろしさと廃絶の必要性聞くものすべてに改めて思い起こさせさました。

□ ゴールデンアカデミーは、4月1日で新しい体制がスタートしました

野々宮惠司が理事長を退任し、2016年4月1日で山下幸三が新理事長に就任いたしました。

ゴールデンアカデミーの新しいコンセプトを創り活動を新たにしました。

 

⇒ 新しい体制は、こちらから

⇒ 新しいコンセプトは、こちらから

□ マイナンバー制度対応のコンサルティングを開始いたしました

2016年1月、番号法の施行、運用開始に伴いマイナンバー制度対応のコンサルティングを開始いたしました。

⇒ 詳細は、ここからリンク

入会案内

ゴールデンアカデミーには,原則として趣旨にご賛同いただける方なら年齢・性別

を問わず、どなたでも入会することができます。

 

● 会員の種類
(1)正会員    本法人の目的に賛同して入会した個人
(2)賛助会員  本法人の目的に賛同し、法人の事業を賛助するために入会した

           個人および団体


● 会 費
(1)正会員    入会金 5,000円  年会費 5,000円
(2)賛助会員   年会費 1口5万円(1口以上)


● 入会お申込み方法
  会員規約をお読みいただき、当会の趣旨に賛同されたうえで、お申

  込みください。

  会員規約は、こちらgakiyaku.pdf から

        

 * ご入会後、会員のみなさまのスキルシートを作成させていただき、

   ご活躍いただける場合のご紹介などに活用させていただきます。

 

● お申込みは、メニューの「入会申込み」から直接お申込みいただく

  か、または「入会申込書」をダウンロードしてご記入後当法人へご

  郵送いただくかのいずれかの方法でお願いいたします。または下記

  「メールでのお問合わせ」やお電話で当法人へご連絡いただければ

  こちらから申込み書を送付いたします。

  「入会申込書」のダウンロードはここkaiinmoushikomi.docをクリッ

  クして下さい。

     

 

  <送付先>

       〒104−0061  

    所在地

          NPO法人 ゴールデンアカデミー  事務局

   

  URL      :  http://npoga.org

   Mail           :  staff@npoga.org      



ゴールデンアカデミーのパートナーリンク

「NPOシニアワークス Ryoma21」